訪問者

ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

発生タイミング両替事情 50423

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。

お得に両替をするためには?

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 台湾旅行で必要な現地通貨・台湾ドル。できる限りお得に両替したいところですが、初心者には日本と台湾のどちらで両替すべきかも迷うところですね。今まで出会った両替所でとりあえず済ませてきたリピーターの方もそろそろ無駄の少ない両替について1度確認してみてはいかがでしょう? 今回は台湾のお金の基本、数ある両替所の中でどこがお得か、滞在に必要な現金、また意外と人気なキャッシングについてご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 では、いよいよ本題へ。先程あげた中で1番お得に両替できるところはと言うと…… 「台湾の銀行」です! 街中にある台湾の銀行には、手数料無料で両替してくれるところがあります。 ただ台湾の銀行と言ってもたくさんあるので、どこの銀行へ行ったらいいのかという問題が出てきますよね。銀行のレートと手数料を一覧で見られるサイトがあるので、そういったものを利用すると便利。その中で免手續費 手数料無料 と書いてあり、日本円の現鈔買入 WE BUY の額がより高いところがお得に両替をできる銀行です。 しかし銀行での両替には1つ難点が。銀行の営業時間は平日のからのみということ。特に土日を使った日程で訪れることが多い旅行者には、銀行で両替するタイミングはなかなかありません。また実際に銀行へ行けたとしても、窓口に案内されるまで順番を待つなど時間がかかることも。 そこで台湾の銀行の次にお得で実質的に使いやすいところとなると、それはやはり「台湾の空港」になります。空港の両替所の手数料はだいたい30元 約円 くらいが一般的。レートは日本で事前に両替してくるよりはだいぶお得です。また日本からの乗り入れ便がある桃園空港・松山空港・高雄空港の両替所は、到着便がある時間まで営業しています。 銀行に比べると空港での両替方法は簡単で、パスポートを見せる必要もありません。また空港からホテルまでの移動ですぐに現金を使うとなると、空港を出る前の両替は必然的になってきます。 街中の銀行の手数料無料は魅力的ではあるものの、時間の限られたツーリストの利便性を考えると1番両替しやすい場所と言えるでしょう。 両替できる場所が把握できたら、次に考えるのが日本円をどのくらい持って行くか、いくらぐらい台湾ドルへ両替したらよいかですね。まずは目安となる台湾 台北 のだいたいの物価を確認してみましょう。計算方法は1元=約3。 現金の両替以外に台湾ドルを用意する方法として、クレジットカードのキャッシングがあります。キャッシングにかかるのが「カード会社への手数料」「ATM手数料」「利息」の3つ。利息という言葉で少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。しかしカード会社が採用している自社独自のレートがいいこともあり、手数料や利息を加えても、両替所より結果的にお得になることもあるのです。また帰国後に繰り上げ返済をすると利息を最小限に抑えられ、さらに無駄なく現金を得たという結果に。台湾リピーターの間では人気のキャッシング、ここでメリットとデメリットを整理しましょう。 【メリット】 ・ATMは空港、銀行、コンビニなどにあるため利用できる場所が多い ・24時間キャッシングできる ・レートがよい 【デメリット】 ・キャッシングできないブランドのカードもある(持っていなければ新しくカードを作る必要がある) ・ATMの操作が中国語か英語 ・繰り上げ返済の手続きが必要 ATMの操作方法などについては各カード会社のHPなどで予習しておくとわかりやすいです。ついでに忘れがちな暗証番号も出発前にきちんと再確認しておくことをおすすめします。 手数料が無料のATMがあったり、カード会社によって利率が変わったりするので、最安のキャッシングを目指して事前に準備しておくと現地でスムーズに台湾ドルを用意できます。

1. 同じ両替なのになぜ損したり得したりする?

そこで今回は、 為替のイロハやカード利用によって生まれるメリット、旅行後の外貨を外貨預金にするタイミング などについて解説していきたいと思います。何かと出費がかさんでしまう海外旅行、 為替のイロハを理解して少しでもお得 な旅を楽しめるようになりましょう! ここから本文です 大和ネクスト銀行TOP 外貨預金 スマデポトップ 海外お役立ち情報:為替レートとカード利用のイロハ。 為替レート(為替相場)とは、外国為替市場において円と米ドルなどの異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率のことで、市場における需要と供給によって決まるものです。どのように損得の差が出るのかは、皆さんも耳にしたことがある「円高・円安」という概念が関係してきます。 簡単に言うと、円の価値が高くなるのが円高、価値が低くなるのが円安です。下記の表の例を見てわかるように、円高のときに円を外貨に換えるとお得になります。10万円を米国ドルに換算する場合、1ドル円を基準と仮定すると、円高・円安による損得は、以下の通りです。 つまり海外旅行や海外サイトのネッショッピングをするなら、円高のときがチャンス。海外旅行に行く際は、できるだけ円高のタイミングのときに、あらかじめ現地通貨に換金しておくのが有効と言えます。 また、現地通貨への両替は、為替レートに両替の手数料を含めた「両替レート」と呼ばれる相場で計算されます。手数料は両替場所によって異なるので、どこで両替をするか、国内であれば、両替を予定している銀行の両替手数料をチェックしておくということも重要です。 まとめ 外貨への両替は、両替レート(為替レートと両替の手数料)に左右される。

両替のタイミングはいつがいい?

日本の通貨単位は円 えん ですが、インドネシアの 通貨単位はルピア です。 ルピアは省略して Rp とか IDR とも書かれます。 この両替レートというのは、その時の経済状況などによって日々変わります。 年4月時点では、 1円はおよそRp くらいです。 つまり、1万円を両替してもらったら、Rp1,になります。 インドネシアの最高額紙幣はRp,なので、Rp1,という事は、Rp,札が12枚とRp50,札が1枚、Rp20,札が1枚帰ってきます。 急にお札の枚数も桁数も増えるので、一瞬大金持ちになったかと錯覚しますが、落ち着いてくださいね。

ディスカッション