訪問者

カジノ、政権の成長戦略 期待の一方、負の側面も―20年代開業に秋元議員も推進

実践動画カジノ議連 25023

JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。( 設定方法 )。

【政界インサイダー情報】セガサミー里見会長、横浜IRへの参戦を表明

暴走する千代松市政を民主的にチェックし、是正させることを目的として、「 泉佐野市政をよくする市民連絡会」(以下市民連絡会) を結成して6ヶ月が経った12月15日(日) 、生涯学習センター多目的室にて、市民連絡会主催の第3回「泉佐野市政について語るつどい」が開催され、79名の参加者があった。 さて、今回のテーマに「カジノ誘致問題」 を取上げたのは、 「市民連絡会」結成を巡っての明るい会との交流で、 カジノ関係の資料等を送付してもらったことが端緒である。その資料の中に、 『泉佐野市のりんくうタウンにカジノを誘致する活動を本格化させるために、同市が部長級2人を含む8人を 「統合型観光リゾート (IR) 誘致担当」 に就任させた』という新聞報道があった。

秋元議員、カジノ解禁に意欲 事件関係者と接点も

国会ではカジノ推進を訴える超党派の「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」が10年4月に発足。 秋元司 議員も所属し、早期解禁を求めて活動してきた。  ギャンブル依存症患者の増加やマネーロンダリング(資金洗浄)への懸念の声は与党からも上がったが、16年12月、秋元議員が委員長だった衆院内閣委員会での審議などを経て、IR推進法が国会で成立。実施法も18年7月に成立した。  経済効果を期待する声は、自治体側にもある。政府が最大3カ所のIR整備を予定しているのに対し、横浜市や大阪府、和歌山県、長崎県などが既に誘致を表明。東京都や千葉市が対応を検討している。  北海道では、中国企業が参入を目指した留寿都村のほか、国際空港の新千歳空港がある苫小牧市の名前が挙がり、市議会も誘致推進を決議したが、鈴木直道・道知事が見送りを表明した。  政府は20年1月にも、設置地域選定の評価基準などを示す「基本方針」を公表予定。内閣府の外局に事業者への運営免許交付などを担う「カジノ管理委員会」を新設し、事業者の監督や依存症対策などを行う方針だ。 カジノを含む統合型リゾート(IR)開業は、2020年東京五輪後の日本経済の起爆剤として、安倍政権が成長戦略の一つに位置付ける。海外からの観光客や税収の増加が期待され、政府は20年代半ば以降の開業を目指し準備を進めている。 <統合型リゾート(IR)をめぐる汚職事件 関連ニュース>  国会ではカジノ推進を訴える超党派の「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」が10年4月に発足。 秋元司 議員も所属し、早期解禁を求めて活動してきた。  ギャンブル依存症患者の増加やマネーロンダリング(資金洗浄)への懸念の声は与党からも上がったが、16年12月、秋元議員が委員長だった衆院内閣委員会での審議などを経て、IR推進法が国会で成立。実施法も18年7月に成立した。  経済効果を期待する声は、自治体側にもある。政府が最大3カ所のIR整備を予定しているのに対し、横浜市や大阪府、和歌山県、長崎県などが既に誘致を表明。東京都や千葉市が対応を検討している。  北海道では、中国企業が参入を目指した留寿都村のほか、国際空港の新千歳空港がある苫小牧市の名前が挙がり、市議会も誘致推進を決議したが、鈴木直道・道知事が見送りを表明した。  政府は20年1月にも、設置地域選定の評価基準などを示す「基本方針」を公表予定。内閣府の外局に事業者への運営免許交付などを担う「カジノ管理委員会」を新設し、事業者の監督や依存症対策などを行う方針だ。 新型コロナ最新情報 安倍政権 都知事選。

萩生田光一大臣のカジノ疑惑 “マカオ特別待遇”の証拠動画

10 24248 48. 23 1 2.

ディスカッション