訪問者

データが証明。日本カジノ解禁でギャンブル依存症は増える可能性は低い?

日本のカジノ法案丸雀スロット 42183

この成立でにわかに衆目を集めている事項があります。 それが、外国人から「Japanese Casino」と称されるパチンコを筆頭とした賭博場の今後です。 日本には現在、私営も含めて数種の賭博場があります。

賛成側:具体的統合型リゾート(IR)案と経済効果

カジノ法案でギャンブル依存症は増えるのか? 日本は既にギャンブル天国だった 出典 ZAKZAK 。 出典 カジノIRジャパン  政府は、施行から一年以内を目途に、IR実施法案を策定し、国会に提出する予定。 また、政府は、IR実施法案とは別に、ギャンブル依存症対策基本法案を策定し、年の通常国会で提出へ。(中略) <IR実施法案の策定作業> ・1月6日、「IR区域整備推進本部」の準備室を内閣官房に設置 ・3月には「IR区域整備推進本部」(本部長:安倍晋三・首相)が発足へ ・「IR区域整備推進本部」は、当初50名規模(以前の内閣官房の検討チームは約30名) ・ギャンブル依存症対策整備のため、厚生労働省などの職員が検討チームに加わる方向 ・IR区域整備推進本部の事務局は、段階的に名規模へ増強 ・有識者で構成する整備推進会議を設置。 出典 カジノIRジャパン  各党:IR実施法案の議論・検討、ギャンブル依存症対策整備に向けた動き 日本維新の会 ・与党(自民党・公明党)が年1月に開始するIR実施法案とその制度設計の議論に参加を検討 ・野党が政策立案の段階から与党協議に関わるのは異例 ・日本維新の会は、IR推進法案提出者として、IR実施法案に関する与党協議への関与を求めてきた 民進党 ・12月21日、内閣部門会議を開催。政府からヒアリング ・ギャンブル依存症対策、IR実施法案の論点(刑法・賭博罪の違法性阻却、カジノ収益の使途など)をチェック ・ギャンブル依存症対策を盛り込んだ議員立法を検討 ・ 1月24日、「次の内閣」で、長妻昭・元厚生労働大臣を座長とするカジノ検証プロジェクトチームの設置を決定。 その後、年4月 超党派議連で「国際観光産業振興議員連盟」が発足し、年8月 同議連が、カジノを中心とした複合観光施設の国内整備に向けた議員立法(通称:IR推進法案、カジノ法案)を公表しているのです。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。

日本のカジノ法案丸雀スロット 43422

“カジノ法案”参議院で可決 こんな場面も・・・(16/12/14)


ディスカッション