主催者

大阪のIR参入意向の2社、横浜にラブコール “大阪撤退”示唆も:イザ!

ソーシャルアプリカジノ大手ゲンティン 49929

CLSAのアナリスト、ジェイ・デフィバウ氏は、IRという形を取ることで日本のカジノ施設は急速にスケールを拡大できるだろうと指摘。会議場からだけでも「一度に数万人の訪問客」が見込めると述べた。   日本ではカジノ解禁となったものの、国民の支持は低い。NHKの最近の調査によると、カジノ解禁に「賛成」は12%、「反対」が44%、「どちらとも言えない」が34%だった。それでも、雇用と税収の増加が期待できるとして政界の支持を得た。コナミの坂本哲専務は電子メールで、日本のIRにとって大切なのは「雇用、経済効果、そして税収を確保すること」だと指摘した。   シンガポールでは国民のギャンブル依存を予防する意図もあり、国民はシンガポール・ドル(約円)のカジノ入場税支払いを求められる。人口のもっと多い日本で同様の規制をすべきかは決まっていない。   大阪商業大学総合経営学部の美原融教授は取材に対し、「日本は他国に影響されない戦略を取るだろうと思う」とコメント。「キャッシュフローをまず日本人で固めて、それにプラスアルファで外国人。特に中国のVIPにあまりこだわる必要はない」と述べた。

「ローグ・ワン」2週連続首位、ディズニー映画興行は最高

最近の編成された国家新聞出版署 State Administration of Press and Publication が今月明らかにしたこの制限では、中国の帝国史に関するものをベースにしたゲーム、そして血や死体などの表示も違法化される。しかし、ポーカーと麻雀の禁止が特に大きな打撃となる可能性が高く、ビデオゲームリサーチ会社のニコパートナーズ Niko Partners は、年に中国で承認された8,のゲームの37%がポーカーと麻雀をベースにしていると予測している。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

この検索結果をシェア

ゲスト さん [ ログイン ]。 停止 自動更新:5秒。 再読み込み 自動更新を停止しました。 Twitter Tweets yoshiki。 news zero。

ソーシャルアプリカジノ大手ゲンティン 23714

#ゲンティンの分析グラフ

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。 人事 おくやみ プレスリリース。 増やす 学ぶ 貯める 得する 借りる 備える コラム 教えて高井さん みんなのESG お金のトリセツ お金を殖やすツボとドツボ Life is MONEY 日経マネー特集 積立王子 プロのポートフォリオ 家計の法律クリニック 投信調査隊 人生年こわくない Dr。 マネーお悩み外来 20代からのマイホーム考。

ディスカッション