主催者

カジノ法案(IR整備法)成立!内容と問題点を弁護士が5分で解説!

ゲームルールカジノ法案入場料 64076

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 ラスベガス - カジノ。 マカオやソウルなど世界中にカジノはありますが、やはり本場といえばラスベガス。 日本人にとって旅先でしか訪れる機会のないカジノですが、年齢制限や服装、チップなどルールやマナーを理解すれば、誰でも気軽に楽しむことができます。 もっとも気軽にプレイできるのが、スロットマシーン。英会話の必要もなく、一人でのんびりプレイしたい人にはおすすめです。ルーレットやブラックジャックなども、初心者には比較的わかりやすく親しみやすいゲームです。 カジノだけではなく、店舗それぞれのテーマを持った建物も個性的で、雰囲気だけでも充分に楽しめます。非日常的な世界を体験できる魅力的な街、ラスベガスのカジノを思う存分に満喫しませんか。 済州島 - カジノ。 ホーチミン - カジノ。 マニラ - カジノ。

ディスカッション