主催者

【カジノ法案】 自民党、維新の党、次世代の党が共同で30日に再提出・・・公明党は自主投票も

カジノ入場制限慰安婦橋下スロット 33042

ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会 【なくそう!ギャンブル被害】 「公認賭博」の抑制を求め、ギャンブル被害をなくすよう活動するものです。

ギャンブル依存症者を苦しめる「自己責任の風潮」「マスコミの矛盾」<カジノ解禁>

カジノ利権がそうとうおいしいみたいだな ベガスとマカオ(香港)以外のカジノも視察しろよ。 どこもガラガラ。日本の人件費でやったら成立するわけないだろに。 すぐやってくれ つか、石原都知事もカジノには積極的だったと思うが なんで、自治体の首長たちがこんなカジノに熱心なのに 一個も実現できないんだ? 不思議でしょうがないわ。 海外って、幼児ほっぽってカジノにのめりこんで幼児が・・・、とか 生活費全部つぎ込んで教育費も出さない、とかの問題ってないの? 日本に比べて少ないってなら民度の問題じゃ。 カジノはアリ ただし1都市を観光都市化して外国人から金を巻き上げる形にして 国内のパチンコ産業根絶やしにして 国民があんまりやらないよう形にしなきゃ駄目。

【カジノ法案】法案提出者の維新・小沢氏のパー券、パチンコ大手「ダイナム」が購入同社サイトではカジノ参加が新事業の柱になると説明

大阪都構想 賛成派が増加し賛否拮抗 維新の支持率も上昇 朝日新聞世論調査 [転載禁止] []。 カジノ総合関連8 [転載禁止]。 html 全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会、依存症問題対策全国会議の市民2団体が21日、 大阪市住之江区の大阪南港ATCセンターで全国集会を開き、市民ら85人が参加しました。  橋下徹市長が「大阪『都』構想の試金石」とカジノ誘致に執念を燃やす大阪では、幅広い市民のなかにカジノへの懸念と反対の運動が広がっています。  会場からの発言では、2月に発表した「あかん! カジノ女性アピール」の呼びかけ人、作家の大垣さなゑさんが「『都』構想そのものがドロ船で、 そのエンジンはカジノ。こんなものに絶対乗りたくないし、みんなを乗せたくない」と熱く訴え。日本キリスト教団牧師の中谷哲造さんは 「『もうかればそれでいい』という考え方で動いている時代。カジノはあかん、ということを広げていきたい」とのべました。  橋下市長がカジノ誘致候補地としている夢洲(ゆめしま)の地元である住之江区の西加賀屋4丁目中町会長補佐も参加し、 「カジノを持ってくるという話に怒り心頭だ。これをやめさせるためには、選挙で住民の側に立っている議員を増やし、『維新』を減らすしかない」と訴えました。  元日本共産党大阪市議の稲森豊氏、阪南大学の桜田照雄教授が報告しました。  参加者は集会後、夢洲を、会場の展望ルームから視察しました。 山下書記局長らメッセージ  集会には、日本共産党の山下芳生書記局長、宮本岳志、清水忠史両衆院議員、自民党の大西宏幸衆院議員、柳本卓治参院議員がメッセージを寄せ、紹介されました。

【政治】 橋下知事 「カジノは絶対やらないといけない」

コレ、割とマジで米国資本で乗り込んでくるよ。 ベガスでカジノやってるトランプが見逃さないはずねぇじゃん。 そうなりゃチンケなパチンコチョン資本は吹っ飛ぶ。資金力がまるで 違う。変な規制で守ろうとすりゃトランプが脅しかけてくるから無理だよ。 実はコレってチョン潰しかもしれんね。 維新のタネマチはマルハン、ソフトバンク、パソナ、ダイナムまでかw パチンコ関係だけじゃなく、ソフトバンクの孫もアメリカカジノ経営者通して関わっているんやと、 安倍なんからはセガサミー パチンコからカジノ利権に移る奴等と自民と大阪維新、カジノに関われない 売上減の既存パチンコをマスゴミ一部の野党が応援してる図式やろ。 これ、小沢のとこが、例えば蓮舫なら、10倍速でスレが進むんだろw 2ちゃんは本当「誰が」で扱いが変わるよな。スレの立ち方からして違う。 パーティー券代返しても、給与に乗せて個人献金に分化してリバックだろうが、 ダイナムというパチンコ企業が、カジノが柱だとHPで謳っていたとは、もうね。 だからパチンコの看板がカジノに変わるだけだろと、 胴元が同じなら、関連企業のスライドなら同じだろと。 別に違法でも何も無いし 自分達の会社の考えと一致する政治家は応援するだろう 別にそれは間違っていない 記事にするなら 議員と会社の癒着など便宜を図った物と一緒に出すべきでは?

【速報】日本維新の会がカジノ法案を提出しました。

総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。 芦田愛菜の高校進学に驚きの声 2。 元社員と社長 数百回の不貞行為 4。 渡部の不倫内容「気分悪くなる」 5。 渡部に徳井 5年前放送の番組の闇 7。 北村氏に蓮舫氏 何のためにいる 8。

ディスカッション