主催者

カジノ初心者のためのマカオカジノ入門(カジノのルール)

マカオの初心者向ベルギーカジノ 33407

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。

マカオのカジノの特徴

ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。 やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方(ルール)をレクチャーします! こんにちは、マカオナビです。マカオといえば、やはりカジノ。マカオには年末現在、33のカジノがあり、その収入はラスベガスを抜いて世界一となったというニュースを聞いた方も多いでしょう。やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。でも言葉も通じないし、ゲームのやり方もわからないのでちょっと不安という、カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方をレクチャーしましょう。 グランドリスボアのカスタマーサービス。ここでメンバーカードが作れます。 街中を走っているカジノのシャトルバス。 賭け方と配当 テーブルに書いてある数字は、席番号です。座った目の前にある番号のところに賭け続けましょう。 1.バンカーに賭ける。配当1倍(コミッション5%をディーラーに支払う) 2.プレイヤーに賭ける。配当1倍 3.バンカーのカードが置かれる場所。 4.プレイヤーのカードが置かれる場所。 5.引き分けと思ったらここに賭けます。配当8倍 6.バンカーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍 7.プレイヤーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

マカオのカジノは主にホテルの中にあります。カジノホテルの中で代表的なのがウィン・マカオ(Wynn Macau)です。ホテルの内装は豪華なヨーロピアンな造りで、 フロアの通路はとても広くなっているのが特徴です。マカオのカジノ特有の騒々しさがなく、ワンランク上の高級感があり。 第2位は惜しくもソレアリゾートカジノです。 ここはマニラのカジノの中でも最大規模で豪華絢爛な内装です。 個人的にはソレアの匂いがめちゃ好きで射幸心を煽る香りを漂わせてるんですよね。 これはぜひ、現場に行って確認していただきたいです。 そこには桁違いの豪華さを誇るカジノホテルがいくつもあり、各ホテルのユニークな外観が目を引きます。今回は、そんなカジノホテルのひとつ「Solaire Manila Hotel(ソレア マニラ ホテル)」の客室と人気レストランをルポ。

マカオのカジノの特徴は?

お金と時間に余裕があるならラスベガスまで行くのもいいですが、現実はそう簡単ではありません。 カジノはラスベガス以外にもあるので、 遊んでみたいならマカオがおすすめです。 ところが外国資本への市場開放をきっかけに、それまで縁がなかった海外の大手企業がマカオに注目し始めます。 カジノの歴史がある国の企業も次々と参入したことにより、マカオにも カジノを産業として考える思考が定着するようになり、世界一のカジノとしと呼ばれるまでに成長したのです。 朝早起きして行くもよし、1日ショッピングや観光を楽しんでから夜はカジノで遊ぶというのもいいでしょう。 いつ行っても入れますし、資金が続く限り何時間でも遊べます。 カジノで楽しむのはルーレットやスロット、バカラやブラックジャックなどカードを使ったテーブルゲームのイメージです。 もちろんマカオのカジノにも一般的なゲームはありますが、マカオならではの他の国のカジノにはないゲームも楽しめます。 マカオのカジノはカジュアルな雰囲気のところが多いので、ディーラーの態度が悪いと感じることが多々あります。 サービス業は接客が丁寧なのが当たり前という日本人感覚だと、マカオのカジノではイラっとすることになってしまうでしょう。 チップを投げるように乱暴に扱う人も珍しくありません。 もちろん全てのディナーが横柄というわけではないものの、 マカオのカジノではディラーにあまり期待しないことをおすすめします。

ディスカッション