レベル

カジノスロットの遊び方やジャックポットの種類・仕組みの詳細解説

超高額賞金イベントブラックジャックの遊び方 18957

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

ラスベガス大全とは?

ネットカジノだけではなく、全てのギャンブルゲームには 「 ペイアウト率(還元率) 」 と言うものが設定されています。ペイアウト率を簡単に説明すると、『ゲームの賭けに勝った時、そのゲームで賭けた金額に対して戻ってくるお金を確率であらわした数値』となります。 海外のランドカジノ(リアルカジノ)でも大人気のルーレット。ルーレットは必勝法次第で、勝率を高めることができるゲームとなっています。 ルーレットで使用できる必勝法は主に3タイプあり、 負けた時に使用する。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

毎週火曜日に放送されているNHKのテレビドラマ 「書店員ミチルの身の上話」 。  平凡な生活をおくっていた主人公のミチルが 宝くじで2億円 を当てたのを機会に人生が狂い始め、周囲も不幸に巻き込むという泥沼のストーリー。  その中の教訓、 「的中したことはだれにも言うな」 は実に重みがあり傾聴に値する。 ラスベガスには、最低でも 万ドル(約9億円)という超高額の賞金が当たる MEGABUCKS と呼ばれる有名なスロットマシンがある。(写真)  ちなみにこのマシンにおける過去の最高賞金額は 年3月21日にエクスカリバー・ホテルのカジノで飛び出した 万ドル (当時の換算レートで 約48億円 )。上の写真は、その大当たりが出る直前に撮影されたものだ。 高額賞金はカジノに限ったことではない。カジノが禁止されている州においても、ほとんどの州に宝くじがある。  多くの場合、 番号選択制の宝くじ になっているため、的中者がいなければ当選金が次回に繰り越され、日本円で 億円 を超える一等賞金になることも珍しくない。  昨年末、複数の州にまたがり運営されている広域の宝くじにおいて、日本円で 約億円 という記録的な一等賞金を2人が的中させ、そのうちの1人(夫婦なので実際には2人。ミズーリ州在住)は、テレビでのニュース・コンファレンスに強制的に出演させられ名前が広く知れ渡ることになってしまい、アリゾナ州に住むもう1人は匿名が許された(最終的にはその1人も名前がわかってしまったが)。この差は何から生じているのか。 実は、 各州の規則により、当選者の名前を公表しなければならないことになっている州と、そうでない州がある 。なんと意外なことに、約8割の州が前者、つまり 公表が義務付けられており 、このことが今あらためて全米で大きな議論となっているから興味深い。 日本では前述の小冊子が存在している通り、匿名が許されているというよりも、 むしろ匿名にしておくことが奨励されている 。周囲の者に知られることによって、好ましくない結果になりやすいことが統計的にわかっているからであろう。  アメリカでも高額当選者の多くが幸福にはなっていないことは広く知られるところで、ほとんどの当選者が仕事をやめ、親戚や知人との交友関係も壊してしまっているようだ。   「仕事をやめる」 ということは 「仕事をしなくても食べていける」 というプラスの面がある一方で、 「日々の生きがいを失い喜怒哀楽もなくなる」 というマイナス面もある。交友関係がおかしくなってしまうこともマイナスであることは言うまでもない。 さらにひどいことに犯罪、それも殺人事件などに巻き込まれてしまうことも珍しいことではないようで、たとえば昨年12月、フロリダ州に住む女性が、 万ドル (当時の換算レート約27億円)を的中させた知人を殺した事件の裁判は大きな話題となった。他にも 高額当選に絡む不幸なニュースは枚挙にいとまがない 。  一夜にして超高額を手にした一般庶民は、もともとの大金持ちたちとは周囲の交友関係や生活環境が異なり、 まわりからねたまれることが多く 、相続目当ての悪行を企てる配偶者や親戚などから狙われやすいという。  日本ではもう少しモラルが高く、当選金額もアメリカほどは大きくないので殺人事件にまでなることは少ないようだが、とにかくアメリカではそれが現実だ。

ディスカッション