レベル

カジノルーレットの種類 – ホイール別に勝率はどれぐらい違う?

フレンチルーレット韓国カジノ 48164

ソウル には ・パラダイスウォーカーヒル(グランデ ウォーカーヒルソウル内) ・セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店 ・セブンラックカジノソウル 江南店(COEXインターコンチ内) ・パラダイスシティ(仁川) …と数カ所カジノがあります。

ルーレットの遊び方と流れ

一般的に カジノで遊ばれているルーレット にはホイールの異なる2つの種類があり、それぞれダブルゼロルーレットとシングルゼロルーレットと呼ばれています。カジノ ルーレット 勝ち方も少し異なります。 前者はアメリカンルーレットとも言われますが、後者はさらにヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットとに細分化されます。 ここではこれらのルーレットに、さらにミニルーレットという種類も加えて、より詳細にその違いを比較してみます。 アメリカで改良されたため、アメリカンタイプと一般的には言われますが、じつは ヨーロピアンタイプ (シングルゼロルーレット)よりも歴史は古く、古典的なルーレットであるとも言われているのがダブルゼロホイールのルーレットです。 ダブルゼロルーレットでは、「1」~「36」までの各マスと「0」、「00」で合計 38 のマス目があります。このうち、「0」と「00」はどちらもそのマスに賭けてない限りカジノの総取りになる、いわゆるハズレ目です。 とはいえ、 ランドカジノでも同じフロアにダブルゼロとシングルゼロ、両方のルーレットタイプを備えていることも珍しくはないので、どちらも併存 しているというのが現状です 。 なおそのような内容については、 ルーレットの必勝法 のページで解説していますので、詳しいやり方が知りたい人はそちらも併せてお読みください。 一方のフレンチルーレットは、その名の通りフランスで発展したヨーロピアンルーレットの亜種で、レイアウトやホイールの配列もヨーロピアンルーレットと異なりますが、最大の違いとしてはやはりアンプリゾンという特別なルールが追加されていることが挙げられます。 このルールを活用したときのペイアウト率はルーレットの中でも最高で、そのための条件もイーブンベットの賭けをするだけという分かりやすいものになっています。 2倍配当となるイーブンベットでは、 モンテカルロ法のような色々な必勝法 も利用できるため、戦略的なプレイにも相性のいいルーレットタイプだと言えるでしょう。

ワンダリーノ 最新のゲームエクスペリエンス

カジノのルーレットは、Wheel(ホイール: 画像赤枠 )と呼ばれる数字の書かれた円盤と、テーブル(レイアウト: 画像青枠 )を使用して遊ぶゲームです。 ストレート・アップは別名「シングルナンバー Single Number 」と言って、1つの数字に対して賭ける方法で、36個の数字とゼロを含んだ全てに対して賭けることができます。1点賭けは当たる確率が極めて低いため、当たると高配当が期待できます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差 で、単純に考えれば、38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は高くなります。 ディーラーがウィール(回転盤の事)の中で、ボールを指で弾いて回し、 「ノーモアベット(No more Bet)」と言うまで、追加したり減らしたり、動かしてOK。制限は無いので、何カ所賭けても構いません 。 ウィール(回転盤)を4等分して、確率を4分の1に絞り込んで賭ける攻略法 を、シフトベットと呼び、ストレートアップ(36倍)のみ、又はスプリット(18倍)を組みわせていきます。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。

ディスカッション