印象

カジノのトランプゲームは何種類?遊んでほしいトランプゲーム8選

ルーレット攻略カードスプレッド 8290

レッドドッグとは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負 で、 テーブル上に表向きに配られた2枚のカードに、3枚目を開き、最初の2枚の間の数字であれば、勝ちとなる カードゲームです。

レッドドッグのやり方

レッドドッグは1デック(52枚)のカードを使うテーブルゲームです。 ベラジョンカジノでは毎回カードがシャッフルされます。 なんで「レッドドッグ」という名前なのかわかりませんけどね(笑)。 カードが3枚配られるので、配当表をチェックしておきましょう。6のところにレッドドッグチップが置かれています。 このまま勝負「CALL」するかコインを倍賭けして「RAISE」するかを選択します。 2枚目のカードが間に入ってると思えば「RAISE」、間に入ってないなと思えば「CALL」します。

レッドドッグのルール紹介

この記事では 「代表的なトランプゲーム」 と 「1度は遊んで欲しいトランプゲーム」 に分けて解説していきます。 マイナーだけど簡単でプレイヤーの勝利率が高いゲームもある ので、ぜひ覚えてからカジノに挑戦してください! 最初にご紹介する3つのトランプゲームは「 バカラ 」「 ブラックジャック 」「 ポーカー 」です。どのゲームも世界中の人々が熱狂するトランプゲームで、名前は聞いたことがある人もいるでしょう。それでは早速3つのトランプゲームをご紹介します。 バカラは必ず2枚ずつプレイヤーとバンカーの両方に配られます。ただし、 ここで勝負がつくわけではありません。 2枚の合計値がある一定の数値になるとお互いもしくはどちらか一方にカードが配られます。 日本人に人気の高いブラックジャックの起源は、「 ヴァンテ・アン 」という主にフランスで流行っていたゲームだとされています。バカラに比べて覚えることが多く、カジノ初心者の方は毛嫌いする人も多いかもしれませんが、 実はある戦略を覚えると誰でも簡単に勝率を上げることのできるゲーム でもあります。 ブラックジャックは、ディーラーとの勝負です。 ディーラーはルールに沿ってカードを引くので強さはありません。 勝敗はプレイヤーに配られたカードの合計値が「 21 」になるか、 ディーラーのハンドよりも「 21に近い 」場合は、プレイヤーの勝ちになります。

ディスカッション