印象

マカオの「新世代カジノ王」が進める、日本のIR建設への準備

新世代ギャンブルカジノ王 36861

来日中の米カジノ運営大手、 ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands) CEOのシェルドン・アデルソン(Sheldon Adelson)氏は、カジノ解禁に近づく日本市場は、国際会議場や大規模イベント施設を軸とする統合リゾート(IR)に「最高の地」であると、都内で開かれたセミナーで強調。競輪や競馬、パチンコなどのギャンブルが根付いている日本の風土を理由の1つにあげた。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

そんな中、立教大学が7月6日にマカオ大学との共催で国際シンポジウム「 ビジネスモデルとしての日本型IR 」を開くことを決め、学内外から批判の声が高まっている。 特別講演として、マカオの「 新世代カジノ王 」と呼ばれるローレンス・ホー氏をはじめとする3人のカジノ経営者を海外から招き、基調講演は観光庁審議官。カジノを推進する布陣一色だ。 大学がカジノを推進しているとも見える内容に、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授で、ギャンブル依存症に苦しむ人も多いホームレス支援を長年行ってきた稲葉剛さんはTwitterでハッシュタグ「 立教はカジノに魂を売るな 」を作り、反対の声を広げている。 このシンポジウムは、立教大学が7月5日から7日までの3日間で開く、 グローバルリーダーシップ育成プログラム 国際統合型リゾート経営管理学 第7回:「日本統合型リゾート~健全社会のIRを目指して」 の一環として行われるもの。 少し古い調査だが、年12月にビッグイシュー基金で若者のホームレス50人に 聞き取り調査 をした結果、50人中14人がギャンブル依存症の傾向があった。 立教大学は年にキリスト教宣教師が設立した私塾が前身で、欧米に追いつくために実利主義的な教育が盛んだった風潮と一線を画したリベラルアーツ(教養教育)を推し進めてきたと HPでうたう 。

新世代ギャンブルカジノ王 36918

米カジノ王・アデルソン氏 「ベガスを変えた。シンガポールを変えた。次は日本だ」

甘やかな「警官保護」システムの存在? 5年前、NYで黒人男性を圧死。 BTS初告白! JUNGKOOKが嗚咽し7人が泣いた日。 Pamela Ambler ,。 登録することで、 個人情報保護方針 および 会員規約 に同意したものと見なされます。 TOP STORY。

ディスカッション