印象

初心者でも安心!マカオカジノの疑問点やルールを徹底解説♪

日本人限定インドネシアカジノ 34229

世界最大級のカジノの街として有名なのは、なんといってもラスベガス! ほとんどのカジノは24時間年中無休で営業、コンビニやガソリンスタンドにまでスロットを設置するなど、環境作りも徹底しています。

日本版カジノはどんな施設になる?

インバウンド対策をする お問い合わせ。 昨年話題となっていた カジノ法案( IR 推進法) ですが、成立が来年の通常国会に先送りされる見通しです。年9月28日の臨時国会冒頭で安倍首相が衆議院を解散する方針を表明したことが主な理由です。 多くの 訪日外国人 観光客の誘致につながる ことから、 インバウンド 業界でも注目されていたカジノ法案( IR 推進法)。そもそもどのような法案だったのでしょうか。

「数字は嘘をつかないが嘘つきは数字を使う」

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。 基本は顔チェックのみですが、稀にパスポートの提示を求められる場合があります。 私も22歳でパスポートチェックを受け、ホテルに置いて行っていたため入場出来なかったことがあります・・・ 保護者が同伴していたとしても、子供の入場は認められませんのでご注意を! また、カジノといえば「タバコをスパスパ吸いながらコインを積む」というイメージがありますが、年の法改正によってカジノ内は禁煙となりました。 喫煙したい人は、カジノ内に設置されている喫煙所で吸ってください。 カジノに来る人には、諸事情により知り合いにバレてほしくない人がいることなどを配慮して、内部の撮影はできません。 ただし下の写真のように、外観を撮影する分には問題ありませんので、SNSにあげたい場合は外部を撮影しましょう。 前述したように、日本ではカジノはギャンブルのイメージが強いものですが、マカオのように海外ではひとつの娯楽として楽しまれているものです。 ただ、どのゲームでも同じですが、熱くなりすぎるのは禁物です!! 「遊ぶからには勝ちたい!」と思うのも当然ですが、せっかく海外に行って遊ぶわけですからまずは楽しく遊ぶことが重要! 「負けて元々、勝てば嬉しい」という気持ちで勝負に臨みましょう。

ディスカッション