印象

ボーアポーカーツアー

山の上のカジノポーカー大会 12761

resocasi さんのツイート。

この記事が入っているマガジン

と声をかけられたら手が出るかもしれない。ポーカーのディーラーに関しても同じだ。余計な藪は突かない事に限る。だから僕も極力プレー内容の話題は出さない。初心者や初級者の人に上達法や戦略を聞かれて、当時の基本と言われていたプレーを教えるくらいだ。 だが僕は5年もそれをやっていた。上手な人のポーカーを見てきたし、その理屈も聞いてきた。僕よりずっと後にポーカーを初めても、今では海外でプロ生活をしていますなんて人もいた。そんな彼らも初めて会話したポーカーディーラーが僕だったりすると、久しぶりに会った時にもやっぱりポーカーの話をしてくる。しかし大空に旅立って成長して戻ってきた雛鳥に、巣の中で時間が止まった親鳥が教える事は何もない。親鳥としては。 ポーカーにもインディアンポーカーや5枚ポーカー よく日本人の認識の中にあるのはこれ などたくさんの種類があるが、現在世界中で流行っているのは「テキサスホールデムポーカー」と呼ばれるものだ。元々カジノで行われているポーカーには「スタッド」「フロップ」「ドロー」と大別された配り方の中に「ハイ」「ロー」「バドゥーギ」「A to 5」など様々な役のルールがある。 山札から5枚引いて数枚を交換する、日本人に馴染み深い方法でのポーカーは「ファイブカードドローポーカー」に該当するが、今世界中で一番主流になっているのは「テキサスホールデムポーカー」と呼ばれるルールだ。場に5枚のカードを順番に表向きに置き、それぞれのプレイヤーが周りにわからないように2枚の手札を持つ。全員が見ることのできる5枚と周りに見えない手元の2枚の組み合わせで強い役を持っていた人がその時に賭けたチップをもらうのだが、漫画やドラマのように毎回全額賭ける オールインと言う わけではない。少ないチップで何度も何度も駆け引きを行うのだ。 僕がディーラーで入る時は大体1時間に25〜30回の駆け引きが行われていた。駆け引きが上手な人が少しずつチップを増やしていく。僕のような短気な性格の人間は全部の駆け引きに勝とうとして無理なハッタリをかまし、上手な人が強い手を持っていた時にごっそりチップを減らしてしまう。どんなギャンブルでもそうだが、短気な人間は待てば消える。 早速知り合いに声をかけ、今オンラインポーカーサイトで開催されているフリーロール大会をリストアップしてもらった。僕がポーカーを始めたばかりの8年前と違い、PokerStarsだけではなくいくつかのポーカーアプリがあり、それぞれがしのぎを削りあっているらしい。今回僕が参加したポーカーサイトは PokerStars ・・・週末は最大30万人のログインがある最大手、賞金総額1億円を越えるトーナメントも開催されたりする Natural8  ・・・プラットフォームがGGPOKERというオンラインポーカーアプリで、WSOPCやAPTなど実際に海外に存在しているポーカーイベント会社がトーナメントを行ったのが話題になっている。つぐ兄、一ノ瀬公聖など日本人プロがアンバサダー契約中。 KKPoker  ・・・携帯端末専用アプリ。1、2年くらい前に出てきて最近プレイヤー数が増えてきた。縦持ちなので操作感も含めて手軽。 の3つだ。この中のトーナメントで一つでも優勝すれば数千円分だが種銭ができる。種銭ができれば一撃で終わるような博打もできる。博打に勝ちまくれば借金も返せる。我ながら天才だと思った。世の中には0から1を生む天才と、1をにする秀才がいると言うが、僕は博打のない時代に生まれていたら天才と呼ばれていたかもしれない。0円の元手から種銭を作ってやろうではないか。しかも生活費を使って負けるのと違い、失敗しても誰も怒らない。 わらしべポーカー作戦 前 42。

このクリエイターの人気記事

ボーアポーカーツアー ( 英語 : Boyaa Poker Tour )は,博雅互動(ボーアインタラクティブ)が主催する競技ポーカートーナメント。香港マカオ台湾、日本、東南アジア、中東とヨーロッパ合計五つの選抜地域が含め、30ヵ国と地域の選手が参加する [1] [2] [3] [4] 。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。 アメリカンページワン アリュエット ウィザード ウインクキラー うすのろ 絵取り オンブル。 カシノ カジノウォー カップル カナスタ カリビアンスタッド カルキュレーション キャンフィールド クリベッジ クレイジーエイト クロンダイク ゴニンカン ゴルフ コンキアン 拱猪 コントラクトブリッジ。

ディスカッション