印象

日本人入場「条件付き」 IR議連がカジノ法案修正へ:イザ!

賭け条件カジノ議連 51314

この法律にパチンコ店が加えられたのは昭和29年()の改正からです。パチンコ店への規制のきっかけとなったのは「正村ゲージ」でした。 下の表は昭和24年からのパチンコホール数の推移です。昭和26年を契機にホール数は急激な伸びを示していますが、これは「正村ゲージ」によるパチンコ人気を反映したものでした。業界紙である『遊技通信』年10月5日付には、東京では「1日30件近いものの申請があり」 という記事が掲載されています。写真を比較すれば「正村ゲージ」の革新性が一目瞭然です。天釘、ヨロイ釘、ハカマなどの釘、玉を受けて回転する「風車」、いわゆる「チン、ジャラ」と呼ばれるベルなど、すべて「正村ゲージ」の発案者である正村竹一のアイデアでした。彼は業界の発展を望んで、自身の発明に特許申請せずに他の業者が同様のゲージを使用する事を容認していたために、「正村ゲージ」は文字通り爆発的に市場を席巻しました。下の表は、この時代のパチンコ・ホール店舗数の推移です。

警察が協力して作り上げた違法産業 - パチンコ

刑法第23章第条~条は、賭博行為をなすことも、かつこれを業として提供することも罪と規定している。一方、刑法第35条は別途法律により定められる「正当行為」の場合には、これを罪としないと規定する(これを違法性阻却事由という)。何が違法で、何を合法とするかは立法政策上の課題となることを意味するが、公共性・公益性があり、一定の政策目的を達成する手段となる場合、違法性を阻却するという立場になり、現在の公営賭博関連法は全てこの論拠をもとにした制度である。一方、賭博行為自体を厳格な規制の対象としつつも、刑法上の罪とはしないように、刑法自体を変えるという考えもある(これを非犯罪化~Decriminalizationという)が、全ての賭博関連立法を見直すことをも含意し、現実的とは言えない。また、既存の法律の枠組みを、活用することにより、違法性の阻却要件を満たすことができるのではないかという主張もある。例えば、経済特区の考え 構造改革特区法 を採用する等の考えだが、違法性阻却とは、単純な経済的規制の緩和ではないわけで、一般法である刑法上の規定を規制緩和の論理で変えてしまうということは論理的にありえない。あるいは、特定の地域振興に関する既存の特別措置法の中で(例えば沖縄振興特別措置法)、刑法上の特例措置を規定すればよいという主張もあるが、これも現実的妥当性があるとも思えない。特定の地域のみに、なぜ一般法たる刑法上の特例措置が付与されるのかに関して、合理的な説明ができないからである。 この様に、カジノ・エンターテイメント施設の複雑さと面白さは、その経済性、事業性、市場性自体が、制度や規制の在り方、地点の戦略性、その地点における市場性、内外からのアクセスの利便性や環境、施設自体の競合性と類似施設との競争性等、様々な要因の影響を強く受けるという点にある。この意味では、想定値として、我が国の市場総規模を推定するよりも、 明確に設置総数を2 ~3ヶ所に限定し、地域独占が付与されることを前提に、諸条件をある程度前提として固定した上で、経済計算をしない限り、市場「規模」を把握することはできない(これを最も適切に把握できるのは、公的部門ではなく、実際に投資を行い、マーケッテイングや顧客集客戦略を担い、運営事業戦略を実践する民間カジノ開発運営事業者以外にない)。諸外国では、公的部門のコンサルタントが、他の事例から一定の条件を固定し、市場規模や売上、税収等を推定し、これらを期待値としながら、税率や運営規制の詳細を想定し、制度創出の参考にするという場合が多い。経済効果という意味では、カジノ施設群がもたらす直接的な経済効果と共に、周辺の付帯施設がもたらす効果や、雇用やかかるエンターテイメント施設が地域全体にもたらす二次的、三次的経済効果にも大きいものがあることにも留意することが必要である。

IR区域とIR事業者の2段階選定手続は適切か

木曽: 今回の推進法の中には一年をめどとして実施法を整備しなさいという政府に対する要求が入っているので、まずは実施法案を整備し、実施法成立後、今度は設置する自治体の入札になり、選ばれた自治体が事業者選定をし、カジノの建設が始まるという流れになります。 木曽: オリンピックには間に合わないというということは、もともと私も主張してきたので、オリンピック後の振興策としてちょうどいい時期ではないでしょうか? 木曽: 確かに、それなりの効果は期待できますが、せいぜい国内で2~3のカジノで、日本全体での経済に与える影響はたかが知れているとは思いますが…。

賭け条件カジノ議連 43571

IR*ゲーミング学会

カジノ合法化 に関する よくあるご質問 私たちは、人、まち、社会を破壊するカジノ賭博合法化に反対します。 また、現存ギャンブルにより生じている被害の回復と、新たな被害が生じないための仕組みを講じることを求めます。 ツイート   シェア。 全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会 連絡先:事務局長 弁護士吉田哲也 兵庫県三田市中央町9-38 ユマニティビル2階 | 弁護士法人青空三田支所 三田あおぞら法律事務所   TEL Copyrights C ANTI-CASINO。

ディスカッション