催し物

【GHOST RIDER】ニコラス・ケイジ主演映画でもお馴染みのゴーストライダー スロット徹底解析!

で稼ぐたゴーストライダスロット 11841

仮面ライダーディケイド 変身装填銃 ver。

【Lightning Joker】最大10000倍の配当が突然当たるミステリーウィン機能搭載。ジョーカースロット登場。

admin 8月 22, プレイテック 1, Views。 マーベルコミックのヒーローの中でも異色のアンチヒーロー・ゴーストライダー。燃え盛る炎をたたえた髑髏が頭の姿をしています。復讐の精霊」 Spirit of Vengeance の異名を持ち、普段は人間の姿をしていますが、必要なときにゴーストライダーに変身します。このスロットは年にアメリカで公開されたマーク・スティーヴン・ジョンソン監督の同名ホラーアクション映画をモチーフにしています。 GHOST RIDERは20ラインのジャックポット機能つきビデオスロットです。マーベル作品スロットの特徴である、映画さながらの迫力あるキャラクターやモチーフが特徴です。ゲーム性ではマルチプライヤーつきフリーゲームやゴーストハントボーナス、マーブルマルチレベルミステリープログレッシブジャックポットというすべてのマーベル・スロットでジャックポットを積立している、どのマーベル・スロットで獲得可能な当たればかなり巨額になるプログッシブジャックポットです。 シンボルは映画の登場人物たちです。主人公のジョニー・ブレイズ、メフィストの息子ブラックハート、物語の鍵となるサン・ヴェンガンザの誓約書(本バージョンと紙バージョンの2種類)、その他にトランプの絵柄AJQKと数字の9と10の合計6枚が追加されます。 その他にボーナスシンボルとゴーストライター柄のワイルドがあります。シンボルは基本3つ以上揃う必要がありますが、ジョニーブレイズとブラックハートシンボルは2つ以上で当りです。フリーゲームシンボルは出るだけで、フリーゲームとなります。 Tags ghost rider playtech ゴースト・ライダー プレイテック。

ワイルドジャングルカジノのタダでもらえる現金3500円特典を紹介

平成仮面ライダーシリーズ第17作目 [1] [2] 。 本作品では 幽霊 をモチーフに採用 [3] し、主人公も初回で殺されて幽霊として蘇る少年と設定した。このモチーフはメカニカルな要素が強い前作『 仮面ライダードライブ 』と差別化するとともに「怪奇アクション」が注目されたシリーズ初期への原点回帰を目指したものである [4] [5] [注 2] 。目玉という要素も 仮面ライダー1号 ・ 2号 の変身ベルト・タイフーンの形状が目玉に似ていたことに由来している [4] [5] 。また、キーアイテムとなる ゴースト眼魂 やサポートキャラクター・ユルセンや敵・眼魔のデザインモチーフに「 目玉 」が使われている [3] 。 チーフプロデューサーの高橋一浩は、本作品を少年と青年の中間にいる主人公の成長を描く物語とし、主人公が1度死を経験していることで命の大切さを説くことに説得力を持たせ、「生きることの素晴らしさ」を感じることのできる作品にしたいと述べている [7] 。脚本を担当した 福田卓郎 は、シリアスさだけでなくコミカルさを盛り込むことを意識している [9] 。企画段階で設定が二転三転しており、メイン監督の 諸田敏 はクランクインの時点でタイトスケジュールになっていたことを証言している [10] 。 第1話から第6話までは1話完結形式で [11] 、番組冒頭では天空寺タケルが前回までの出来事を説明する。また、英雄・偉人の簡単な説明を字幕で表記する演出を取っており、番組後半でも不定期ながらも続けられた。この他第38話までは、前作の『ドライブ』同様アバンを挟まず直接オープニングから始まり、オープニングからCMを挟まず直接Aパートから始まる放送形態をとっていたが、第39話からはアバンから始まり、オープニングからCMを挟まず直接Aパートから始まる放送形態へと移行した。 本作品の放送開始と同時期にサービスを開始した スマートフォン 向けのアプリ「東映特撮ファンクラブ」では、番組終了直後のよりその週の放送分の見逃し配信を実施している。 前作『ドライブ』に引き続き、全体のストーリーを複数部構成で分けるというスタイルが採られている。第12話までが第1シーズン(タケルの最初の99日まで)、第13話から第33話までが第2シーズン(2回目の99日からムゲン魂変身まで)、第34話から第49話までが第3シーズン(タケルが生き返るまで)となっている。またメインストーリー完結後の第50話(最終話)は、次作『 仮面ライダーエグゼイド 』とコラボレートする特別編として位置付けられている。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

仮面ライダー生誕45周年記念作品 。これまで7年続いてきた クロスオーバー作品 「 MOVIE大戦シリーズ 」から一新された「 仮面ライダー平成ジェネレーションズ 」の第1弾である [3] [注釈 2] 。『エグゼイド』としては初、『ゴースト』としては4本目の劇場作品である。『エグゼイド』テレビシリーズとも連動しており、第15話以降、財前の行動の裏に隠された陰謀などが明かされている。 本作ではクラシック アーケードゲーム のキャラクターである パックマン が、敵キャラクターとして登場する [3] [5] 。 本作での主役の仮面ライダーであるエグゼイドやゴースト以外にも、過去の仮面ライダーである 仮面ライダーウィザード 、 仮面ライダー鎧武 、 仮面ライダードライブ の3人が、レジェンドライダーとして登場する [3] [5] (ただし、鎧武は変身後の姿のみ登場)。また、仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXXが本編に先駆けて登場する。 監督は『ゴースト』と『エグゼイド』両テレビシリーズの監督も担当した 坂本浩一 、脚本は『エグゼイド』メインライターの 高橋悠也 が務めた。

ディスカッション