エリア

なぜ北海道はカジノの有力候補地なのか!?

オンライン比較北海道のカジノ 47347

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 日本のカジノ候補地 について紹介していきます。 もともとIR法は 観光振興・地域振興 が主目的で、要は 「もっと観光客が楽しめてお金を使える場所をドンっと作って、地域を盛り上げよう」 というものです。 参考: 首相官邸- 特定複合観光施設区域整備推進本部。 北海道苫小牧市は 道内4番目の人口規模 を誇る道央南部の都市です。製紙業で発展した北海道を代表する工業都市として有名ですが、樽前山をはじめとする広大な自然に囲まれています。 また、太平洋に面しており、夏は涼しく、冬はそこまで寒くない穏やかな気候で、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を堪能できるので、 北海道の良いところを凝縮した街 です。

朝日新聞社会部 公式ツイッター

今回は、このパブリックコメントにより再び注目が高まりつつある「IR関連銘柄」を取り上げます 。 その結果、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府・市、和歌山県、長崎県、北海道、千葉市の8地域がIRの誘致を「予定している・検討している」と回答しました 。 このように、今や日本列島の北から南まで、多くの自治体が自分たちの街にカジノを誘致しようと積極的に活動しています。今回のパブリックコメントにより、IRへの注目度はますます高まっていくことが予想されます 。 なお、 シンガポールでは、2つのIR施設の開発で計約1兆円の民間投資が実現。さらに、IR開業後4年で、国全体の観光客数が6割、観光収入が9割増加しました 。 その他、IRの誘致が決定すれば、その地域の企業への関心が集まりやすいでしょう。例えば、北海道の苫小牧へのIR誘致の報道が出たときは、地元企業である フジタコーポレーション() が一時人気化する場面がありました。 インターライフホールディングス() は、商業施設内の店舗をはじめ、飲食店舗、アミューズメント施設、ホール、ホテルなどの内装工事や音響照明設備工事などを手掛ける企業です。

ディスカッション