エリア

生命保険の掛捨て型と積立て型。違いと選択のポイント

選び方賭けポイント 24458

定期生命保険とは、 保障期間が一定の生命保険で、10年、20年などの年満了、65歳、70歳などの歳満了という2つのタイプで保険期間を設定できます。

2.目的から考える掛け捨て保険と貯蓄型保険の違い

の保険料の安さは、掛け捨て型の最大のメリットといえます。例えば、加入時にこどもの教育費や住宅ローンの負担が大きく、保険料を最小限にしたい場合もあるでしょう。 そんなとき、掛け捨て型は家計に優しくとても役に立ちます。 にも注意する必要があります。貯蓄型の保険は通常、解約返戻金は年を追うごとに少しずつ増えていきます。そのため、契約から短期間のうちに解約する場合、解約返戻金が払込保険料を大きく下回る可能性が高くなるため、保険そのものの見直しがしにくいというデメリットがあります。 加えて、貯蓄型といってもがん保険はその商品性から、終身保険や養老保険のような高い返戻率は一般的に期待できないことも覚えておきましょう。 また一般的に、保障(補償)と貯蓄(運用)を切り離すことは、手数料などのコストを考えても理にかなっているといえます。なぜなら昨今、保険以外の資産運用手段としてNISA(少額投資非課税制度)やDC(確定拠出年金)など、大きな税制優遇措置がある制度が普及しているからです。「がん保険はかけ捨て型にして保障(補償)だけを確保し、資産運用は他の手段で」という考え方が広まっているように思えます。 ただし、この考え方は、社会情勢や経済状況、金利水準により今後変わる可能性も十分あります。 そしてもう一点、「その人の状況に合わせて判断する」ことを忘れないようにしましょう。例えば、「年齢が若く、こどももまだ小さい。家計には余裕がないが、がん保険には入っておきたい」と考える人は、迷わず掛け捨て型に加入すべきでしょう。 がん保険の選び方、医療保険との違い がん保険と医療保険、両方に加入しておけば万が一の備えとしてはとても安心ですよね。けれど、なるべく保険料は抑えたいし、そもそも内容が重複している部分もあるのでは?と心配している人もいるかもしれません。ここでは、がん保険と医療保険の違いや、選び方についても解説していきます。 がん保険の選び方~通院給付金と一時金どちらを重視するか~ がんの治療方法が入院して手術するものから、抗がん剤や放射線治療による通院が主流になりつつあります。その変化に伴いがん保険の保障も、入院保障よりも通院保障もしくは一時金保障を手厚くするようになりました。 では、この通院重視型と一時金重視型どちらが良いのでしょうか。

ディスカッション