エリア

【IR・カジノ】IRに期待するインバウンドの送客機能、日本発のエンターテイメントを世界に訴求 アクセンチュア株式会社 マネジング・ディレクター 上野正雄

顔認証で入スタジオシティカジノ 13200

セルフサービス・キオスク端末……メンバーカードを読み込むことで「自己排除・家族排除」に登録されていないかを確認するとともに、現地法規に基づいた入場税・各種料金を徴収 2。

Group site links

上野  長期的な経済効果になると思います。インバウンドの集客効果があり、大阪のIRにはこれまでユニバーサルスタジオや京都、奈良へ行っていた人などに加え、韓国やマカオの既存カジノ客が訪れるでしょう。また、送客機能にも注目しています、IRから観光客を関西圏や日本全体へ連れ出し、お金を落としてもらうためにどんな仕組みが作れるかが重要です。例えばIRに訪れた観光客が、日本に滞在する1週間のうち1〜2日は熊野古道へ、というように人が循環すれば、関西経済圏全体への中長期的な経済波及効果につながるでしょう。 さらには、区域認定の期間の更新について、最初の期間 10年間 での初期投資の回収は難しいので、更新 5年間 が必要になります。ただ、地域経済の活性化のために手を挙げている自治体でも、更新のためには議会承認が必要になりますが、地方議会の議員構成が変わるといった政治的な要因で継続できないリスクもあります。そうした不確実性がある中、巨額投資ができるのか、というのもあります。

2.カジノが楽しめるおすすめホテルは?

メルコリゾーツは、異文化や信念の違いを尊重する統合型リゾート運営企業です。実効性の高いコーポレート・ガバナンスを維持し、コーポレート・レスポンシビリティ方針を実践してきたことを誇りに思っています。 社会的責任を背負うことは、欠かせない会社方針のひとつであると考え、責任あるゲーミング(Responsible Gaming, 略称:RG)はチャリティー活動の中枢だと捉えています。 責任あるゲーミングを提供することは、メルコリゾーツが力を入れている分野のひとつです。その証に、会長兼CEOローレンス・ホーが役員を務める弊社のRG運営委員会により、責任をもったゲーミングについての取組みが次々と展開されています。 数ある取組みの中のひとつとして、新入社員のオリエンテーションの中にRG研修が含まれています。全員がRGに関する知識を認識するために社内インターネットTV「Melco TV」や従業員イントラネットで視聴できる「RG教育ビデオ」を観るよう推奨されています。メルコリゾーツ社内には、責任あるゲーミングに関するポスターやチラシ等が設置されております。 また、利用者の求めに応じて「自己管理」に関する支援を提供するための専門知識を持ったRGアンバサダーも常駐しております。ご興味のあるお客様は、シティ・オブ・ドリームスのHPから無料コンサルティングサービスに関する情報を是非ご覧下さい。 メルコリゾーツは、ギャンブル依存症対策とセキュリティ対策を実現するために生体認証を活用したセーフガードシステム「メルガード」を独自に開発しました。すでにマカオのゲーミングフロアに顔認証システムを導入し、ギャンブルの問題を抱えるプレイヤーを含め入場制限が課せられている人物の入場管理を行っています。 「メルガード」は、日本市場が世界で最も厳格な入場規制のもとで安全性強化策を求められることに対応するために、生体認証システムに加え、人工知能、ブロックチェーン、マイクロサービスなどの最先端テクノロジーを利用した、リアルタイムに稼働するシステムとして開発を進めています。 キオスク端末と入退場ゲートで構成される「メルガード」の5つある主要機能のうち、ファミリープロテクト(自己排除・家族排除プログラム)とパトロンブロックチェーン(政府機関とゲーミング運営会社との間でデータ連携を可能とする暗号化された分散型台帳)については、オープンソースとして同業者およびビジネスパートナーに提供するとともに、日本政府には無償提供しギャンブル依存症対策に貢献いたします。 ABOUT US 企業情報。

カジノ入退場のための生体認証ゲートを独自開発。一部をオープンソース化して政府・業界に提供

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。

ディスカッション